SyncSNE

EqWatchや子ガエルをSignalNow Xに対応させるためのツール SyncSNEの導入

SyncSNEはDelphiで開発され、また、利用者が少ないと思われることから、 セキュリティソフトなどで、ウィルスやマルウェアと誤検知されることがあります。
本ツールを使用する際は、納得した上で、セキュリティソフトで、SyncSNe.exeをコピーしたフォルダを「除外」してください。


1. 特徴

SignalNow Xが出力するログファイルを常時監視し、緊急地震速報関連のログを検出すると、 それをSignalNow Expressのログ形式に変換し、SignalNow Expressのログファイルに追加します。


2.ダウンロード

最新版をダウンロードします。

version 1.0.5.7 (2017/09/10)
(version 1.0.5.6への追加)間違ったSignalNowExpressのパスがIniファイルに書き込まれていたとき、これをリセットします。

version 1.0.5.6 (2017/09/09)
ログファイルのローテンション処理でのバグの修正です。

version 1.0.3.4 (2017/08/08)
SignalNow X のログファイルが壊れた場合の対策を実装しました。

version 1.0.3.2 (2017/08/02)
メモリリーク修正版です。。

version 1.0.3.1 (2017/08/02)
SignalNow X 1.0.3.0 対応バージョンです。

起動時にバージョン情報ウィンドウを表示させたくない場合、SyncSNEをインストールしたフォルダ内のSyncSNE.iniファイルをメモ帳などで開き、[Form]セクションに「MinimizeFirst=1」という行を追加して保存してください。

version 1.0.0.1 (2017/07/19)
1) ログファイルのローテーションに対応しました。

version 1.0.0.0 (2017/07/14)
既知の問題
1) SNXのログファイルは5MBを超えると、01から10までの連番号付きのファイル名にローテーションされます。 SyncSNEの起動時には最新のログファイルを使用しますが、途中でログファイルが切り替わったとき、これを検出しません。
2) EqWatchは現在地情報をSignalNowExpressの設定ファイルから取得しているため、SignalNowExpressの設定ファイルは消さないでください。


3. インストール

zipファイルを解凍後、適当なフォルダにコピーしてください。
「c:\Program Files(x86)」の下には置かないでください。


4. 使い方